部門紹介

home > 部門紹介 > プラント

プラント

近年の自然環境の保護又は限りある資源の有効利用として建設工事に伴い発生する、コンクリート廃材を再利用するためにリサイクル工場を設置して、資源の節約を行なっています。

廃材の受入と再生アスファルト合材、再生路盤材の製造販売を行い、経験と実績をもとに、お客様のニーズにおこたえします。

DSCF0181

〈産業廃棄物処分業〉
   長崎県知事許可番号 4220016049


〈産業廃棄物収集運搬業〉 
   長崎県知事許可番号 4200016049
   佐賀県知事許可番号 4107016049
   熊本県知事許可番号 4305016049

廃材の受入基準
  • 概ね50~60cm角以下の塊であること。
  • 紙屑・空缶・ビニールなどの一般ゴミや木屑・塩ビ管・レンガ・陶器・プラスチック・など他の建設廃材が混入していないこと。
  • 積み込む際に土が混入してイないこと。
廃材の受入体制
  • 廃材の受入時間は、事前に連絡があれば原則として24時間受入致します。

加熱式再生合材プラント

建設廃材リサイクルセンター

施設概要
プラント型式 NF3624
メーカー 西村鉄工㈱
製造能力 60~80t/h
一次ストックヤード 約10,000m
破砕機 2台
タイヤショベル 4台
振動篩 1台
バックホウ 5台
磁選機 1台

出荷製品の用途に応じて、再生骨材の混入量を最大50%まで自由に設定できる本格的プラントです。

粒度、残量アスファルト量など、再生アスファルト合材の品質を保持するため、完備された試験設備により厳密な材料試験、配合設計を行い、あらゆる舗装工事に対応できる再生合材を生産します。

再生骨材は、専用のドライヤーにより加熱するための出荷された再生合材は、温度低下が少なく遠距離運搬の施工もバージン合材に匹敵します。

中間処理破砕プラント

優れた技術力と品質管理体制で、建築副産物のリサイクルを推進します。

施設概要
プラント型式 NF3624
メーカー 西村鉄工㈱
製造能力 60~80t/h
一次ストックヤード 約10,000m
破砕機 2台
タイヤショベル 4台
振動篩 1台
バックホウ 5台
磁選機 1台

土木工事、舗装工事、建設工事などから大量に発生するコンクリート塊、アスファルト塊を効率的に破砕します。

篩い分け設備をはじめ、最新鋭の機器により締固め強度などバージン材に匹敵する再生路盤材(RC-40)を生産します。

再生路盤材は、PIがないので施工中に降雨があっても施工が可能です。

ページの先頭へ